<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
アロマって。
今週も無事サロン業務終了♪

ご来店くださいましたみなさま・・・ありがとうございます!

今日は日曜日にしてはめずらしく、アーユルヴェーダのご予約ではなく、
足もみとエステのご予約で、お部屋の中はとってもいい香りが漂って
おりました。

むふふっ、最後のお客様のH様はローズ&ネロリを使ったトリートメント
だったので、トリートメント中もさることながら、いまだによい香り
ワタクシ、癒されております☆

アロマフェイシャルは、私・・・というよりは、妹YUMIの施術なのですが、
カウンセリングでお話を伺っていたら、どうもココロのお疲れ度が激しく
心労が溜まっているようで・・・。

こんな時は、中国足心道の足もみは外せないんですよね。
なので、足裏からがっつりパワーを注入して、アロマフェイシャルで
リラックスしていただきたいと、H様用にメニューを構築いたしました。

妹のトリートメントは殆どのお客様がオーダーメイドのトリートメントを
ご希望になります。

その時の精神状態、カラダのお疲れ具合、心に溜まったお疲れ具合など、
丁寧にカウンセリングをして、お客様に合わせたベストチョイスのメニュー
作りをしていきます。

SCIONにいらっしゃるお客様は、カラダのお疲れだけでなく、ココロの
お疲れを訴える方が多くいらっしゃいます。

ココロの緊張が強い場合、いくらカラダのコリを取ったところで楽に
なることはないんです。

そんな時は、アロマの力を借りてフワッとやさしく癒してくれるアロマトリー
トメント、特にアロマフェイシャルがおススメなんです〜。

お客様の状態に合わせた精油のブレンドで行うフェイシャルマッサージは
嗅覚をつかさどる鼻から精油の香りがダイレクトに脳に伝わるので、リラッ
クス度はかなり高くなります。

とってもゆっくりしたやさしいタッチで行うので、ぐっすりお休みになられる
方が多いんです。

なので、落ちこんでしまっている時、気分がふさぎがちな時、不眠気味な
時などにはおススメです。

どちらかというと、ガッツリトリートメント!のイメージが強いかと思います
が、イチオー、やさしいタッチのゆったりトリートメントも出来るのでありま
す^^;

ですので、その時その時の状態でメニューをご提案できますので、ぜひ
ご相談くださいね!

まっ、餅は餅屋・・・本格的アロマトリートメントをご希望のお客様は、妹の
トリートメントをおススメいたしまするので、ぜひご相談くださいませ!


明日はサロン定休日。

ワタクシの大事な甥っ子ちゃんの1歳のお誕生日のお祝いに、お出かけです。

にゃははっ、一杯抱っこしちゃうもんねー。
泣いたって抱っこしちゃうもんねーっ。
という訳で・・・明日はメロメロになって参ります♪

皆様は1週間の始まり!

ステキな1日になりますように・・・。




JUGEMテーマ:アロマテラピー

| アロマセラピー | - | -
盛りだくさんの講座
私、精油についていつも思うことがあります。
みなさん、精油を購入して、全て有意義に使い切っていらっしゃいますか?
開封後は、基本的に柑橘系は3ヶ月以内に。
その他でも半年を目安に使い切りたいところ。

私は仕事でアロマにも少しは携わりますので、ほぼ使い切ります。
(もちろん、あまり使用頻度の少ない精油は難しいですが・・・。)

使い切る・・・といってもお客様に対してのトリートメント・芳香以外にも、
日常生活の中でも利用しています。

お掃除のとき、お菓子・飲み物などの味付けに(食品添加物の許可がおりている精油に関してのみ)、除菌・虫の撃退などなど。

一番活躍しているのはお掃除のときでしょうか。
バケツの中に精油を垂らして、ふき掃除。
使い終わったバケツは、そのまま玄関などに撒けばいい匂いに^^

まな板は使い終わって洗ってから、抗菌効果の高い除菌スプレーを
作っておいて最後にかける・・・などなど。

先日、心と体に優しいナチュラルな応急処置というコンセプトの講座に
参加しました。
参加した理由の一つに、私がこれから扱う精油やハーブウォーター・
オイルの説明もあり、また、色んな引き出しをもう少し作っておきたい・・・と思っていたときの告知だっただけに楽しみに伺いました。


オリジナル・アロマ救急セット



キットの説明で中を開けたところ、同じ参加した方々含め、感嘆の声が
上がりました〜
すごーい!想像を超えた充実セット♪

精油4本・オイル2本・ハーブウォータ・ジェル以外にも、流石救急箱というだけあって、ピンセット・除菌ガーゼ・消毒タオル・コットンなど・・・。

病院に行くほどではないケガや、すぐに行けない時の応急処置として、
アロマセラピーを用いた応急処置でケアすることで、傷や病気の悪化を
防ぐ、予防する・・・といったことなど、日常にもどんどんアロマやハーブを持ちいりましょう!ということを学びました。


精油を持て余しちゃう・・・なんてお話をよく聞きます。
確かに・・・使い方、わからないですよね。
アロマショップでも、精油を売るだけ売って、家でどのように活躍させるか・・・なんてアドバイスってほとんどないし・・・。
使い方で本当に様々な効果がもたらせてくれる、アロマセラピー。

少しサロンでもこの精油やハーブの使い方について、サポートできるようまとめたいなって思ってます☆
まっ、これはアロマは妹ちゃんだから、彼女におしつけましょう(笑)
私はハーブかなぁ♪

| アロマセラピー | comments(0) | trackbacks(0)
ローズちゃん♪
ブルガリアンローズをゲットいたしました!!

絶対、私には縁がないと思っていたローズ。

清水の舞台から飛び降りちゃいました拍手
何ていってもローズといったらピカイチの価格・・・
キングオブクィーンですもの。

原産国ってこんなに大事なのね〜ってつくづく思わされるのがローズ。
ブルガリア産のローズは本当に貴重なのです。

今までローズの良さってイマイチわからなかった。。
アロマの勉強をしていたときも、とりたてて興味もなく、ふーーんって感じでしたが、先日の貴重な体験のお陰で必要さを身をもって実感。

中々欠品中で手に入らなかったブルガリア産のローズが、縁あって私の手元に参りました。

ただ今、そのローズちゃんを嗅ぎながらメニュー構成中です。
ぜひ、癒し&冷え改善にお役立ていただけますように頑張りますグッド

しかーーし!何たる気持ちよさ・・・凄まじい威力にビックリしながらも
ゆったりしています(*^_^*)

1滴1滴ケチケチ大事に扱わないとなぁ(笑)

とりあえずは嗅ぐだけで(笑)

あーーぁ、いいにおいっ!

| アロマセラピー | comments(0) | -
アロマテラピー
先日、無事にアロマの資格を取得できましたので、ご希望のお客様にアロマトリートメントを始めることにいたしました。
その方、その方の体調や心理状態を見極めながら、その場で調合したものをボディトリートメントとして使用します。

SCIONで使用している精油は"プラナロム社のケモタイプ"です。
アロマテラピーに利用できる精油は、100%天然でなければなりません。精油に含まれる200〜300種類といわれる成分全体を利用することが大切です。特定の成分だけを抜き出したり、別の植物の精油と混ぜたりしていないか、又は農薬などの有害物質が混入していないかを調べるためにガスクロマトグラフィーなどの非常に精密な分析機械を使って成分を分析し、そのデータを公開していることがケモタイプ精油の条件。
そんな精油を使って、ストレスの緩和・身体の疲れやコリ・ハリを楽にして頂きたいと思っています。

また・・・
サロンにて、手作りアロマ教室を始める予定です。
自分の肌・心・ストレスを知り香りを楽しみ、精油の作用をちょっと勉強しながら手作りを楽しみましょう。
お気軽に参加できる内容を考えています。

精油だけでなくドライハーブを使ってお顔のケアなども予定しています。準備ができましたらこちらでご報告いたします♪
| アロマセラピー | - | -
充実(b^-゜)
今日は第1回ナードのアロマアドバイザーの講習日。月2回半年コースが始まります(^-^)
今でも通ってるサロンでプラナロムの精油に出逢って5年。ようやっとこの講座の勉強ができることとなりました。
講師の先生はとっても素敵な方で、今後の私のセラピスト人生でかなりの影響を受けることになると思います。
アロマだけでなく、ヒーリングのセッションもして下さり、益々勉強したいと思わせてもらいました。
私は物事に偏見や決めつける事は好きでありません。折角生きているのですから、何でも興味を持って吸収していきたいと思っています。
やってみて合わなければしょうがないけど、やる前から、ちょっとだけやって答えをだすのは勿体無いと思います。
幸いにして、私が勉強してきた先生方はどの方も尊敬できる方で私のお手本の先生ばかり。
出逢いって不思議です。多分、私がそういう先生でなければだめで無意識に選んでいる…からなのかな。
結構、直感で生きるタイプで当たってますからo(^-^)o
自分の思い入れが強ければ強いほど目標も高くなるし、いい流れになると思う!これから半年、頑張って先生達の知識を貪欲に吸収していきます!
習ったことは少しずつまとめて書いていきますね!
| アロマセラピー | comments(0) | trackbacks(0)
| 1/1PAGES |
アーユルヴェーダサロン
SCIONへは
こちらから↓
アーユルヴェーダサロンSCION